お気持ち表明という単語に含まれる無意識的差別

何か自分の意見を発言するとき「お気持ち表明」だという単語で表現されることがある。この「お気持ち表明」という単語は、平成時代の天皇が生前退位の意思を表明する際の「お気持ち」ということで広まり、そのまま一般に広がった。天皇という敬意を示す存在に対しての丁寧語である「お」がついたまま一般に広がったことにより、一般的には過剰敬語という形となってしまった。この過剰敬語の問題により、いくつかの侮蔑的意味合いが内在してしまっていることを問題視するものである。


過剰敬語について

敬意は本来、敬われるべき人に対してその意思を伝えるものだ。それを敬う相手以外に対して使うとき不適切となり、敬うとしても二重敬語を使うことは多くの場合不適とされる。これは最高敬語等の概念からであり、敬われる人に適した敬語表現が存在しそれ以外は適していないとするものだ。そしてその適していない使い方をした場合、侮蔑的な意味合いが強くなることがある。例を挙げると、ある分野に対して専門でない人物がその分野で多く間違いを語ることに対して「博士」という表現をした場合、「素人」への過剰敬意となる。他には、店員が客に対して「神様だ」という表現に対して客がそれに乗っかり「神様である」とした場合、客が客に対しての過剰敬意となる。このように過剰な尊大さを嘲笑する意味合いを持っているのが過剰敬意である。


「お気持ち」は過剰敬意か否か

天皇に対する表現をそのまま一般的に適用することは過剰表現である。しかし、「お気持ち」という単語がいつ如何なる時も引用される源流が同じとは限らない。単なる「気持ち」を丁寧に表現しただけかもしれないし、そこに悪意は存在しないかもしれない。だが、そこには潜在的悪で無意識な差別が入り込む余地がある。

一度「お気持ち表明」というものを整理しよう。端的にいえば「自分の気持ちを表明すること」であるが、その表明することによって天皇の例でいえば生前退位の意思を示した、つまりなんらかの方向性に進むことを要望したと捉えることができる。そこに感情的なものや、肉体的なものなどの論理的なものが混在しているが、概ね「自己の意見を主張しつつ問題を提示する」という形式に当てはめることができる。
さて、自己の意見を主張するのに何か問題があるだろうか?問題を提示することの何が問題か?論理的にまっとうなことをしているのに対して、個人的嘲笑のために「お気持ち表明」などと揶揄することを個人的論理以外で正当化することができるだろうか?自分以外に自己の意見を表明している人や社会に、害しか及ぼさない行為ではないだろうか。意見を主張することは概ね推奨される行為であり、それを委縮させ得る揶揄を無意識的にでも行うべきではない。

無意識的差別

単語自体に差別的意味がなくても、受け取り手によっては差別的意味に捉えることができることはよくあることだ。朝田理論に代表されるような「不利益と不快を感じさせられたら全て差別」といった解釈もあるように、本来差別的意味のない単語が嘲笑や揶揄といった使い方をされることによって差別的言語になることがある。大きな例を挙げるなら、本来種族を分けるために見た目の色で分けていたはずの言葉が、虐げ虐げられた歴史的経過から差別用語なっているものなどがある。その歴史的で膨大な時間過程のために曖昧だが、入り口は少しの無意識的差別だったものも時が経つと大きな悪意ある差別に変わることもあるのだ。

では、どのように無意識的差別を避けるのか。はっきり言うと朝田理論上は受け取り手の意識が変わらない限り不可能であり、発信者が完全な回避をすることは出来ない。しかし、適切な表現をすることによっていくらかは回避することができる。そもそも、そのような誤解を和らげるために敬語表現というのが存在するのであり、差別の意思がないことを表現する敬語から差別が生まれるのが本末転倒といえるだろう。だが、無意識とは恐ろしいものであり知らずに起きてしまうことがあるのだ。


最後に

無意識のままに、ただある単語を流用するだけでは正しい表現ができたとはいえない。その単語にはどのような意味があり適切であるかを考えた上で表現することで正しい表明をすることができるだろう。そういう面で「お気持ち表明」という表現が常に正しいとは限らないのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中