WoTにおける初狩り定義の行方

WoT(World of Tanks)における初狩りは概ね、初心者が多くいるティア帯に上級者が参加することに対して嘲笑的意味合いで使われる。だがその明確な定義自体は、どこからが低ティアで初心者かという点からも定まっておらず不明瞭極まりない。しかしそのような不明瞭な言葉でも多用されている状況においてどのような問題が浮き上がるのだろうか。

初狩りという言葉自体は初心者狩りを語源として、初心者を庇護する意味合いをもって使われる。この時、初心者を庇護するために初心者だけのマッチングシステムを多くのゲームは用意することになるが、WoTにおいては存在しないといって差し支えないレベルであると認識する。私の記憶が正しければ、初戦闘からの10戦程度が特別マッチであるくらいで、それ以外に初心者庇護のシステムは存在しない。
逆に上級者を隔離するシステムとしてはクラン戦やランク戦などが代表的だが、適応範囲は限定的でありゲーム全般において上級者を完全に隔離することはできない。何故なら上級者も1プレイヤーであり多数のゲーム環境に参加する権利を有しており、例え初狩りで嘲笑されるとしても初狩りをする権利もあるからだ。
しかし、初狩りをという行為自体は褒められたものでも威張れるものではないことであることは補足しておく。強者の中での強者ではなく弱者から見ての強者という、絶対的強者ではなく相対的強者という立場が限定的な優位しか持たないことからも明らかであろう。



何故今、WoTの初狩りについて書くのか

ツイッター上で初心者狩りについて書いた記事【WoT】上手い人には低Tierを好く権利は無いのかとそれに伴った友人のツイートを見たからである。この記事を見て友人は「確率論により個人が全体に与える影響は高ティアも低ティアも変わらないっていう結論はおかしいのでは」と指摘していたが、それに対して私はこう答えている。

ツイッターの140文字の仕様上で端折った表現になっているので解説すると、「どのティア帯であろうと全プレイヤーがマッチングする仕様上、個人が全体に与える影響は長期的確率としては(影響無しに)収束する。その上で、高ティアに至るまでの開発や搭乗員訓練などの過程を無視し、未開発や新兵搭乗員などの初心者との条件が異なるとき、一戦ないし短期的確率としては影響が大きくなる。逆に初心者が開発の過程を無視したティア8課金の使用が推奨されない理由と同じで、短期的にはイレギュラーとなる。」
その後さらに友人の返信に対してさらにこう返信している。

先の返信の後半部分を詳しく説明した形だ。
つまり、WoTにおける初狩りと呼ばれる行為も初心者が8課金に乗る行為も本質的には影響力が及ぶ同質的行為だが、定義のあやふやさから見る者の見方が一定にならずそれぞれ異なった意見を持つことになるということだ。
より詳しく説明すると、初心者が大量にいる中に一人の上級者と、上級者が大量にいる中に一人の初心者とでは、一人の影響度は変わらない。しかし、そもそもどこからが初心者か上級者かというランク指標があやふやなのだ。そのランク指標を「モラル」に任せて各人に判断させるとき、同本質のものでも「初狩り」という表現は押しつけになり得るのではないだろうか。
私はこれを薬と毒を使って表現している。「上級者からしてみれば薬にも毒にもなり得るが、初心者から見れば毒にしか感じられない。薬ともとれるものを毒として思い込み思い込ませている他者への押しつけではないのか。」

私の持論として「強者は選択肢を持つが、弱者は選択肢を持たない」というのがある。強者足り得るのはより多くの選択肢を持ったものであるという考えで、これに沿えば初心者が弱者から抜け出すための選択肢を広げる必要があるだろう。
そして、これをプレイヤーだけに課すのは酷であるとも考える。なにしろ初心者庇護のシステムがあまりに少なすぎ、いくらプレイヤーのモラルに期待したところでシステムで許されているものを完全に抑制することはできない。これに決定的な対応ができるのはゲーム運営者にしかないのだ。

まとめとして

WoTというゲームが発表されて長い年月が経っている。発表当初は問題なかったシステムも時代の流れによって変更を余儀なくされることもある。ゲームとしての楽しさがあっても、競技ゲームとしての面白さを要求されるとき、その腕前の差をどのように区分するかが重要なことと思う。野球で例えるなら、プロ野球選手と少年野球選手が混在した試合を行う時、ゲームとして遊ぶ分には楽しめても高度な競技性として楽しむには不十分ではないだろうか。そのような問題が浮き上がるとき、定義というルール設定の曖昧さは大きな障害となるだろう。

最後に

このような意図的または無意識的に行われる押しつけは「水はひび割れを見つける」に類するものだと思われる。いくら違う観点から良くない行為だとわかっていても、楽しみを求めて自然とひび割れへと向かってしまうものだ。このひび割れと如何に共存していくかが重要だろう。


参照記事
スパ帝国 翻訳記事:水はひび割れを見つける
KAZIKI-CGC’s blog 【WoT】上手い人には低Tierを好く権利は無いのか

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中